トップ

内分泌の病気

甲状腺
甲状腺クリーゼ
「甲状腺クリーゼ」とはどのような病気ですか

甲状腺中毒症(甲状腺ホルモン高値)の治療が不十分であったり治療を受けていな場合に、肺炎などの感染症や大怪我・手術などのストレスをうけると、甲状腺ホルモンの過剰な状態に耐え切れなくなり、複数の臓器の機能が低下し、死の危険が切迫した状態になります。この状態を「甲状腺クリーゼ」といいます。高熱をともない、脈が速くなって意識がもうろうとします。また心臓や肝臓の機能が急速に低下するため、呼吸が止まったり全身が黄色(黄疸)くなったりします。

「甲状腺クリーゼ」にはどのような治療法がありますか

生命が危険な状態にあるため、集中治療室に入院して、呼吸や血圧の管理をすることが必要です。血中の甲状腺ホルモンを減らし、その作用の影響を軽くするため、ホルモンの合成や分泌を抑える抗甲状腺薬や無機ヨウ素および副腎皮質ホルモン(ステロイド)の投与を行います。同時にきっかけとなっている病気や症状に対して治療を行います。

「甲状腺クリーゼ」はどういう経過をたどりますか

重症で危険な状態で、約10%のひとが亡くなられると報告されています。

「甲状腺クリーゼ」はどのような注意が必要ですか

バセドウ病の患者さんが薬を勝手に飲むのをやめたり飲むのをわすれたりしたときにおこっています。服薬は規則的におこない、定期的に主治医の先生を受診することが大切です。また、高熱の場合や意識がもうろうとした時はクリーゼの危険がありますのでなるべく早く医療機関を受診してください。